10倍株になるかもしれない銘柄を探す【アイ・テック編】

stock investment analytics03 テンバガー探し

アイ・テック(9964)は10倍株銘柄に成長する可能性があるのか?

株価が大きく上昇していくには「割安 x 成長 x モメンタム」が必要になります

そこでこの記事では、アイ・テックは継続的に成長していくのかを分析していきます

市場はJASDAQ-S

事業内容

  • 鋼材の供給から、加工、そして鉄骨工事までトータルサポート
  • 陸路・海路を利用したスムーズな「流通」
  • 複数の生産拠点で効率的に行われる「加工」
  • 多様化するゼネコンからの要請にも対応する「鉄骨工事」

ビジネスモデル

鋼材の販売・加工事業

主要な商品・製品
  • 「H形鋼、鋼板、コラム」→販売・加工+子会社の静清鋼業(株)が販売・加工
  • 「カクパイプ、C形鋼」→製造販売
  • 「合成スラブ用デッキプレート」→アイ・テックSデッキの名称にて製造販売
  • 「フラットデッキプレート」→アイ・テックフラットデッキの名称にて製造販売
  • 「ビルトH形鋼」→販売+子会社の(株)浜松アイ・テックが製作

合成スラブ用デッキプレート及びフラットデッキプレートはともにビル等の床に使用され、ビルトH形鋼は高層建築物や橋梁等に使用される

鉄骨工事請負事業

鉄骨工事
  • ゼネコンより鉄骨工事を請け負う
  • 子会社のファブ・トーカイ(株)、大川スティール(株)、(株)オーエーテック及び当社の得意先である鉄骨加工業者等に加工を依頼

その他

運送業
  • 子会社の中央ロジテック(株)が行っている
倉庫業
  • 当社が行っている

有価証券報告書

概況

年度 売上高(百万円) 前年比(%) 1株当たり当期純利益
2016 69,611 222.48
2017 67,421 -3.15 290.11
2018 72,827 8.02 248.06
2019 89,907 23.45 349.62
2020 83,367 -7.27 248.57

銘柄選定

時価総額

時価総額 = 株価 x 発行済み株式総数

株価(2021年2月17日時点)は「1,554円」

発行済株式総数は「11,300,000」

そうすると

「1554 x 11,300,000 = 17,560,200,000」

時価総額は「約176億

売上高成長率(年平均成長率)

売上高成長率 = (当期売上高-前期売上高)/ 前期売上高 x 100

減益は許容するが減収は許容しない

CAGR(年平均成長率)10%以上、もしくは20%以上でスクリーニング

(2020年の売上高)/(2016年の売上高)で出された数値に√を2度

「83,367 / 69,611 = 1.20」

「1.20」に√を2度あてて出た数値に「-1」をして%を出すと

年平均成長率は「4.66%

株価売上高倍率(PSR)

PSR(株価売上高倍率) = 時価総額 / 売上高

時価総額「176億」に対して売上高「834億」

つまり

株価売上高倍率は「0.21倍

PEGレシオ

PEGレシオ = PER / EPS成長率

PER = 株価 x 1株当たり当期純利益

ということで、「1554 / 248.57 = 6.25」

EPS成長率の計算式は以下の通り

EPS成長率

この計算式に当てはめるとEPS成長率は「0.03」つまり「3%」

つまり

PEFレシオは「2.08

まとめ

現在のアイ・テックのステータスは以下の通り

項目
時価総額 176億
年平均成長率 4.66%
株価売上高倍率 0.21倍
PEGレシオ 2.08

そして以下がスクリーニングの例

項目 例1 例2 例3
時価総額 100億円以下 300億円以下 500億円以下
年平均成長率 30%以上 20%以上 10%以上
株価売上高倍率 1倍以下 2倍以下 3倍以下
PEGレシオ 1倍以下 1.5倍以下 2倍以下