米国債のイールドカーブについて

yeild curve 金融

イールドカーブとはアメリカの10年国債利回りと2年国債利回りの変化をグラフにしたもののようです

このイールドカーブが0を下回ってマイナスになった時に「逆イールド」となります

逆イールドは景気後退の時に起きる現象で、当然景気が後退すれば株式市場にも影響を及ぼします

そこでこの記事では逆イールドに注目して株式投資に役立てる指標の1つを視覚化していきます

米国債のイールドカーブ

yeild curve01

※2022年12月2日時点

逆イールド

yeild curve02

バブル崩壊

yeild curve03
逆イールド発生 景気後退入り
1988年12月 1990年7月

ITバブル崩壊

yeild curve04
逆イールド発生 景気後退入り
1998年5月 2001年3月

リーマン危機

yeild curve05
逆イールド発生 景気後退入り
2005年12月 2007年12月

コロナパンデミック

yeild curve06
逆イールド発生 景気後退入り
2019年8月 2020年2月

ロシア・ウクライナ戦争

yeild curve07
逆イールド発生 景気後退入り
2022年3月

平均して1年半後に景気後退入りになるなら「2023年9月」頃か?

まとめ

  • 米国債券市場で10年国債利回りが2年国債利回りを下回る(逆イールド)が発生すると、景気と株式市場に対する市場の懸念が強まる
  • 1978年以降、米国で逆イールド発生が観測されると平均約1年半後に景気後退入り
視覚的にもわかりやすいチャートが400以上掲載されているので、テクニカル分析を学ぶならこの1冊で十分
経済を理解するための一歩ならこの本が凄く読みやすい