日医工が上場廃止

日医工が2023年3-4月頃に上場廃止になるようです

そのお知らせが出てから当然株価は暴落

間違ってもこういう流れの銘柄は持っていたくないので、業績を分析してみます

有価証券報告書

連結

年度 売上高(百万円) 前年比(%) 1株当たり当期純利益
2018 164,717 143.19
2019 166,592 1.14 115.46
2020 190,076 14.10 80.42
2021 188,218 -0.98 -65.28
2022 179,060 -4.87 -1,554.37

銘柄選定

時価総額

時価総額 = 株価 x 発行済み株式総数

2022年5月13日の終値で「522円」

また発行済株式総数は「71,382,652」

そうすると

「522 x 71,382,652 = 37,261,744,344」

時価総額は「約372億

売上高成長率(年平均成長率)

売上高成長率 = (当期売上高-前期売上高)/ 前期売上高 x 100

減益は許容するが減収は許容しない

CAGR(年平均成長率)10%以上、もしくは20%以上でスクリーニング

(2022年の売上高)/(2018年の売上高)で出された数値に√を2度

「179,060 / 164,717 = 1.09」

「1.09」に√を2度あてて出た数値に「-1」をして%を出すと

年平均成長率は「2.17%

株価売上高倍率(PSR)

PSR(株価売上高倍率) = 時価総額 / 売上高

時価総額「372億」に対して売上高「1,790億」

つまり

株価売上高倍率は「0.21倍

PEGレシオ

PEGレシオ = PER / EPS成長率

PER = 株価 x 1株当たり当期純利益

ということで、「522 / -1,554.37 = 計測不可能」

EPS成長率の計算式は以下の通り

EPS成長率

。。。

つまり

PEGレシオは「計測不可能

銘柄選定まとめ

日医工のステータスは以下の通り

項目
時価総額 372億
年平均成長率 2.17%
株価売上高倍率 0.21倍
PEGレシオ

そして以下がスクリーニングの例

項目 例1 例2 例3
時価総額 100億円以下 300億円以下 500億円以下
年平均成長率 30%以上 20%以上 10%以上
株価売上高倍率 1倍以下 2倍以下 3倍以下
PEGレシオ 1倍以下 1.5倍以下 2倍以下

キャッシュフロー

0001-01

単位:百万円

決算年月 営業活動 投資活動 財務活動
2018年 18,925 -15,896 3,206
2019年 23,811 -24,983 24,803
2020年 18,450 -18,228 1,002
2021年 5,006 -29,334 10,867
2022年 -24,248 -9,315 19,677

まとめ

ここまでを見ただけで、遅くとも2022年3月期の決算短信の出た5月13日の次の日には完全に手を引いてないとダメだと感じます

その理由は

  • 売上高が右肩上がりではない
  • 1株当たり当期純利益が見たことない損失になってる
  • 営業活動キャッシュフローもすごい右肩下がり

先ず、減益は許容しますが減収は許しません

この時点で投資の対象からは外れます

が、もし万が一持っていたとしても2022年3月期の決算で1株当たり当期純利益が「-1,554.37」という損失を確認した瞬間に抜けておきたいですね

正直この数字は初めて見ました

4桁はやばい

さらにキャッシュフローですが、営業活動キャッシュフローが2019年以降右肩下がりなのも問題

キャッシュフローのグラフで判断するなら、例えば「アピリッツ」や「メック」のような成績になってないと怖いです

アピリッツメック
stock investment analytics01-03
stock investment analytics77-01

また、株価を確認してみても2015年をピークにそこからずっと下がってきている状態

中長期目線でこの銘柄を買うことはまず無理だと判断します

事実、上場廃止になるのでこの判断は間違ってはいないかと

マネックス証券のアプリ「フェルシー」ならスマホで簡単に口座開設や取引ができます
視覚的にもわかりやすいチャートが400以上掲載されているので、テクニカル分析を学ぶならこの1冊で十分
経済を理解するための一歩ならこの本が凄く読みやすい