10倍株になるかもしれない銘柄を探す【ココナラ編】

stock investment analytics02 テンバガー探し

ココナラ(4176)は10倍株銘柄に成長する可能性があるのか?

株価が大きく上昇していくには「割安 x 成長 x モメンタム」が必要になります

そこでこの記事では、ココナラは継続的に成長していくのかを分析していきます

市場は東証グロース

事業内容

  • スキルマーケット「ココナラ」の運営・開発
  • 弁護士相談サイト「ココナラ法律相談」の運営・開発
  • 対面サービスのマーケット「ココナラミーツ」の運営・開発

ビジネスモデル

ココナラ事業

ココナラ
  • 「知識・スキル・経験」を売り買いできるスキルマーケットの運営

法人向け機能も充実しているのでビジネスからプライベートまで利用可能

また、お願いしたい案件の「募集」「提案」も可能

ココナラ法律相談
  • 一人ひとりにあった弁護士が見つかる検索メディアの運営

「Q&A」機能を活用した情報収集も可能

ココナラミーツ
  • くらべて予約 対面サービスのマーケット

有価証券報告書

連結

年度 売上高(百万円) 前年比(%) 1株当たり当期純利益
2022 3,837 -21.6

非連結

年度 売上高(百万円) 前年比(%) 1株当たり当期純利益
2018 769 99.22 2.57
2019 1,138 47.98 -56.80
2020 1,776 56.06 -4.59
2021 2,746 54.62 1.93
2022 3,837 39.73 -21.6

※2018年10月25日付で、株式1株につき600株の分割を反映。

銘柄選定

時価総額

時価総額 = 株価 x 発行済み株式総数

2022年10月13日の終値で「427円」

また発行済株式総数は「23,546,600」

そうすると

「427 x 23,546,600 = 10,054,398,200」

時価総額は「約100億

売上高成長率(年平均成長率)

売上高成長率 = (当期売上高-前期売上高)/ 前期売上高 x 100

減益は許容するが減収は許容しない

CAGR(年平均成長率)10%以上、もしくは20%以上でスクリーニング

(2022年の売上高)/(2018年の売上高)で出された数値に√を2度

「3,837 / 769 = 4.99」

「4.99」に√を2度あてて出た数値に「-1」をして%を出すと

年平均成長率は「49.5%

株価売上高倍率(PSR)

PSR(株価売上高倍率) = 時価総額 / 売上高

時価総額「100億」に対して売上高「38.3億」

つまり

株価売上高倍率は「2.62倍

PEGレシオ

PEGレシオ = PER / EPS成長率

PER = 株価 x 1株当たり当期純利益

ということで、「427 / -21.6 = 計測不可能」

EPS成長率の計算式は以下の通り

EPS成長率

この計算式に当てはめるとPERが計れないのでEPS成長率は計測不可能

。。。

つまり

PEGレシオは「計測不可能

銘柄選定まとめ

現在のココナラのステータスは以下の通り

項目
時価総額 100億
年平均成長率 49.4%
株価売上高倍率 2.62倍
PEGレシオ

そして以下がスクリーニングの例

項目 例1 例2 例3
時価総額 100億円以下 300億円以下 500億円以下
年平均成長率 30%以上 20%以上 10%以上
株価売上高倍率 1倍以下 2倍以下 3倍以下
PEGレシオ 1倍以下 1.5倍以下 2倍以下

2023年8月期の業績予想

年度 売上高(百万円) 前年比(%) 1株当たり当期純利益
通期 4,800 25.1 -27.39

「営業利益」「経常利益」「当期純利益」は以下の通り

年度 営業利益(百万円) 前年比(%) 経常利益(百万円) 前年比(%) 当期純利益(百万円) 前年比(%)
通期 -700 -700 -645

今後の見通し

今後の我が国経済は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大や、ウクライナ問題の長期化や原油価格の高騰、米国金融政策に伴う金融市場の変動等、引き続き不透明な状況が継続すると考えております。

このような環境において、当社は短期的なトップライン成長ではなく中長期的な観点で高い成長率を実現できるよう、プロダクト開発およびマーケティング投資を継続していきます。

また、ココナラ経済圏実現に向けて新規事業についても本格的に着手いたします。

以上により、2023年8月期の連結通期業績につきましては、営業収益4,800,000千円(前期比25.1%増)、営業損失700,000千円(前期は552,669千円の営業損失)、経常損失700,000千円(前期は518,660千円の経常損失)、親会社に帰属する当期純損失645,000千円(前期は501,745千円の親会社に帰属する当期純損失)を見込んでおります。

株式会社ココナラ「2022年8月期決算短信〔日本基準〕(連結)」より

ココナラの将来性

キャッシュフロー

stock investment analytics02-03

単位:千円

決算年月 営業活動 投資活動 財務活動
2019年8月 -1,007,219 -7,375 1,349,125
2020年8月 274,373 -190,485 460,000
2021年8月 764,335 -115,826 1,386,215
2022年8月(連結) -419,000 -487,000 638,000

従業員数

決算年月 従業員数 前年比
2018年8月 48
2019年8月 65 17
2020年8月 93 28
2021年8月 136 43
2022年8月(連結) 153 17

資産

単位:千円

決算年月 純資産 総資産 自己資本比率
2018年8月 124,965 627,278 19.9
2019年8月 265,508 1,104,155 24
2020年8月 171,507 1,945,118 8.8
2021年8月 2,328,805 4,058,327 57.4
2022年8月(連結) 2,437,000 4,327,000 45.8

時間

stock investment analytics02-04

「PER vs PBR」2次元グラフ

stock investment analytics02-05

2022年10月13日の「終値」を参考にしています

銘柄 株価 1株当たり純利益 1株当たり純資産 PER PBR
ココナラ 427 -21.6 103.53 4.12
i-plug 1,952 65.11 364.89 29.98 5.35
クラウドワークス 1,517 40.84 247.53 37.14 6.13
ポート 906 29.03 209.27 31.21 4.33

チャート推移

stock investment analytics02-06

安値「417円」

高値「1,626円」

マネックス証券のアプリ「フェルシー」ならスマホで簡単に口座開設や取引ができます