10倍株になるかもしれない銘柄を探す【i-plug編】

stock investment analytics04 テンバガー探し

i-plug(4177)は10倍株銘柄に成長する可能性があるのか?

株価が大きく上昇していくには「割安 x 成長 x モメンタム」が必要になります

そこでこの記事では、i-plugは継続的に成長していくのかを分析していきます

市場は東証マザーズ

事業内容

  • 新卒ダイレクトリクルーティングサービス「OfferBox(オファーボックス)」の提供
  • 適性検査サービス「eF-1G(エフワンジー)」の提供

ビジネスモデル

HRプラットフォーム事業

新卒ダイレクトリクルーティングサービス
  • OfferBox

「OfferBox」では将来を担う若い人材の可能性を広げる「つながり」を提供し、個人の成長と企業の発展を実現するために運営

従来の人材ビジネスでは提供し得なかった企業側からのオファーで企業と学生との接点を創出し、両者をマッチングすることができる仕組みを実現

適性検査サービス
  • eF-1G

「eF-1G」は戦力となる人材を選び、育て、活かすという人事活動を一貫して支援する適性検査

有価証券報告書

概況

年度 売上高(百万円) 前年比(%) 1株当たり当期純利益
2016 155 -24.25
2017 306 97.42 -44.34
2018 691 125.82 15.95
2019 1,053 52.34 24.96
2020 1,315 24.88 -17.37

※2017年9月28日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割を行い、2020年12月31日付で普通株式1株につき10株の割合で株式分割を反映。

銘柄選定

時価総額

時価総額 = 株価 x 発行済み株式総数

初値を「5000円」と仮定する

また発行済株式総数は上場時に「3,732,500」の予定

そうすると

「5000 x 3,732,500 = 18,662,500,000」

時価総額は「約187億

売上高成長率(年平均成長率)

売上高成長率 = (当期売上高-前期売上高)/ 前期売上高 x 100

減益は許容するが減収は許容しない

CAGR(年平均成長率)10%以上、もしくは20%以上でスクリーニング

(2020年の売上高)/(2016年の売上高)で出された数値に√を2度

「1,315 / 155 = 8.48」

「8.48」に√を2度あてて出た数値に「-1」をして%を出すと

年平均成長率は「70.65%

株価売上高倍率(PSR)

PSR(株価売上高倍率) = 時価総額 / 売上高

時価総額「187億」に対して売上高「13億」

つまり

株価売上高倍率は「14.38倍

PEGレシオ

PEGレシオ = PER / EPS成長率

PER = 株価 x 1株当たり当期純利益

ということで、「5000 / -17.37 = -287.85」

EPS成長率の計算式は以下の通り

EPS成長率

この計算式に当てはめるとEPS成長率は「-0.08」つまり「-8%」

。。。

2017年9月28日付で普通株式1株につき100株の分割を反映してそこから2年は利益が出ているので、2018年1月期と2019年3月期の数字で判断すると

EPS成長率は「56.49」

つまり

PEFレシオは「5.10

まとめ

現在のi-plugのステータスは以下の通り

項目
時価総額 187億
年平均成長率 70.65%
株価売上高倍率 14.38倍
PEGレシオ 5.10

そして以下がスクリーニングの例

項目 例1 例2 例3
時価総額 100億円以下 300億円以下 500億円以下
年平均成長率 30%以上 20%以上 10%以上
株価売上高倍率 1倍以下 2倍以下 3倍以下
PEGレシオ 1倍以下 1.5倍以下 2倍以下