10倍株になるかもしれない銘柄を探す【ソースネクスト編】

stock investment analytics07 テンバガー探し

ソースネクスト(4344)は10倍株銘柄に成長する可能性があるのか?

株価が大きく上昇していくには「割安 x 成長 x モメンタム」が必要になります

そこでこの記事では、ソースネクストは継続的に成長していくのかを分析していきます

市場は東証一部

事業内容

  • パソコン・スマートフォンソフトウェア及びハードウェア製品の企画・開発・販売事業

ビジネスモデル

ソフトウェア関連事業

提供する主な品目
  • POCKETALK
  • Androidアプリ
  • セキュリティソフト
  • はがき作成ソフト
  • PDF作成ソフト

「POCKETALK」は互いの言葉を話せない人同士が自国語のままで対話できるAI通訳機

「Androidアプリ」では「スマート留守電」「驚速メモリ」「超便利ツール」の他、あらゆるジャンルの人気ソフトを提供

「セキュリティソフト」ではお手頃な価格と軽さが特徴の総合ウイルス対策ソフトや世界最高クラスの性能を誇るエンジンを使用した総合ウイルス対策ソフトを更新料0円で提供

「はがき作成ソフト」では「筆王」「筆まめ」「宛名職人」などの製品あり

「PDF作成ソフト」ではロングセラー製品の「いきなりPDF」シリーズを提供

有価証券報告書

概況

年度 売上高(百万円) 前年比(%) 1株当たり当期純利益
2016 7,025 7.73
2017 9,320 32.67 8.87
2018 9,359 0.42 9.69
2019 14,708 57.15 5.53
2020 17,405 18.34 1.43

※2018年2月1日付及び2018年12月1日付でそれぞれ普通株式1株につき2株の割合で株式分割を反映。

銘柄選定

時価総額

時価総額 = 株価 x 発行済み株式総数

2021年2月24日時点で株価は「351円」

また発行済株式総数は「136,241,200」

そうすると

「351 x 136,241,200 = 47,820,661,200」

時価総額は「約478億

売上高成長率(年平均成長率)

売上高成長率 = (当期売上高-前期売上高)/ 前期売上高 x 100

減益は許容するが減収は許容しない

CAGR(年平均成長率)10%以上、もしくは20%以上でスクリーニング

(2020年の売上高)/(2016年の売上高)で出された数値に√を2度

「17,405 / 7,025 = 2.48」

「2.48」に√を2度あてて出た数値に「-1」をして%を出すと

年平均成長率は「25.49%

株価売上高倍率(PSR)

PSR(株価売上高倍率) = 時価総額 / 売上高

時価総額「478億」に対して売上高「174億」

つまり

株価売上高倍率は「2.75倍

PEGレシオ

PEGレシオ = PER / EPS成長率
PER = 株価 / 1株当たり当期純利益

ということでPERは「351 / 1.43 = 245.45」

EPS成長率の計算式は以下の通り

EPS成長率

この計算式に当てはめるとEPS成長率は「-0.34」つまり「-34%」

。。。

つまり

PEGレシオは「-7.22

チャート推移

stock investment analytics07-01

2021年1月4日の安値「269円」

まとめ

現在のソースネクストのステータスは以下の通り

項目
時価総額 478億
年平均成長率 25.49%
株価売上高倍率 2.75倍
PEGレシオ -7.22

そして以下がスクリーニングの例

項目 例1 例2 例3
時価総額 100億円以下 300億円以下 500億円以下
年平均成長率 30%以上 20%以上 10%以上
株価売上高倍率 1倍以下 2倍以下 3倍以下
PEGレシオ 1倍以下 1.5倍以下 2倍以下