10倍株になるかもしれない銘柄を探す【エルティーエス編】

stock investment analytics53 テンバガー探し

エルティーエス(6560)は10倍株銘柄に成長する可能性があるのか?

株価が大きく上昇していくには「割安 x 成長 x モメンタム」が必要になります

そこでこの記事では、エルティーエスは継続的に成長していくのかを分析していきます

市場は東証1部

事業内容

  • プロフェッショナルサービス事業
  • プラットフォーム事業

ビジネスモデル

プロフェッショナルサービス事業

サービス
  • ビジネスコンサルティング
  • ITコンサルティング
  • HRコンサルティング
  • ビジネスプロセスマネジメント

プラットフォーム事業

有価証券報告書

概況

年度 売上高(百万円) 前年比(%) 1株当たり当期純利益
2016 1,976 -44.91
2017 2,408 21.86 38.56
2018 2,989 24.13 47.17
2019 3,790 26.8 49.29
2020 5,555 46.57 66.47

銘柄選定

時価総額

時価総額 = 株価 x 発行済み株式総数

2020年12月期の決算短信が提出されたのが2021年2月12日なのでその時の終値「3,980円」

またその時の発行済株式総数は「4,197,400」

そうすると

「3,980 x 4,197,400 = 16,705,652,000」

時価総額は「約167億

売上高成長率(年平均成長率)

売上高成長率 = (当期売上高-前期売上高)/ 前期売上高 x 100

減益は許容するが減収は許容しない

CAGR(年平均成長率)10%以上、もしくは20%以上でスクリーニング

(2020年の売上高)/(2016年の売上高)で出された数値に√を2度

「5,555 / 1,976 = 2.81」

「2.81」に√を2度あてて出た数値に「-1」をして%を出すと

年平均成長率は「29.5%

株価売上高倍率(PSR)

PSR(株価売上高倍率) = 時価総額 / 売上高

時価総額「167億」に対して売上高「55.5億」

つまり

株価売上高倍率は「3.01倍

PEGレシオ

PEGレシオ = PER / EPS成長率
PER = 株価 / 1株当たり当期純利益

ということでPERは「5,555 / 66.47 = 59.88」

EPS成長率の計算式は以下の通り

EPS成長率

この計算式に当てはめると初年度のEPSがマイナスなので計測不可能

。。。

つまり

PEGレシオは「計測不可能

銘柄選定まとめ

現在のエルティーエスのステータスは以下の通り

項目
時価総額 167億
年平均成長率 29.5%
株価売上高倍率 3.01倍
PEGレシオ

そして以下がスクリーニングの例

項目 例1 例2 例3
時価総額 100億円以下 300億円以下 500億円以下
年平均成長率 30%以上 20%以上 10%以上
株価売上高倍率 1倍以下 2倍以下 3倍以下
PEGレシオ 1倍以下 1.5倍以下 2倍以下

2021年12月期の連結業績予想

年度 売上高(百万円) 前年比(%) 1株当たり当期純利益
通期 7,000 26.0 82.97

「営業利益」「経常利益」「当期純利益」は以下の通り

年度 営業利益(百万円) 前年比(%) 経常利益(百万円) 前年比(%) 当期純利益(百万円) 前年比(%)
通期 580 21.2 530 18.5 341 26.1

今後の見通し

2021年12月期のプロフェッショナルサービス事業においては、新型コロナウイルス感染症拡大の影響はあるものの、影響収束後の事業成長を見据え、企業の競争力を確保するための戦略的IT投資や業務効率化、「新しい生活様式」に適応したテレワーク等の働き方改革といった経営のデジタルトランスフォーメーション(DX)に対する需要は引き続き堅調に推移するものと見込んでおります。

当社グループの顧客層には、従来から積極的にデジタルトランスフォーメーションへの取り組みを進めてきた企業が多く、これまでに構築した事業基盤を活用し、エンジニアを抱えるIT企業との協業も推進しながら、デジタルトランスフォーメーション案件の獲得を進めます。

また、主要顧客であるデジタル先進企業群との取引関係を引き続き強化するとともに、事業規模の拡大に向けて、コンサルタント・データサイエンティスト・エンジニアを積極的に採用・育成し、サービス提供基盤となる優秀な人財を確保してまいります。

また、プラットフォーム事業においては、「アサインナビ」の会員基盤拡大と利活用促進、「コンサルタントジョブ」によるフリーコンサルタントのマッチング推進を通じ、IT企業や事業会社の多様なニーズに応えてまいります。

また、足元の利益は一定水準を確保しつつ、事業会社と優良IT企業・DX企業群との連携を生み出す「CS Clip」の開発も推進し、収益源の多様化と中長期での更なる収益拡大を目指します。

以上の施策を推進することにより、当社グループの次期連結会計年度の業績見通しは、売上高7,000百万円(前期比26.0%増)、営業利益580百万円(同21.2%増)、経常利益530百万円(同18.5%増)、親会社株主に帰属する当期純利益341百万円(同26.1%増)を見込んでおります。

株式会社エルティーエス「2020年12期決算短信〔日本基準〕(連結)」より

「PER vs PBR」2次元グラフ

stock investment analytics53-01

2021年8月5日の「終値」を参考にしています

銘柄 株価 1株当たり純利益 1株当たり純資産 PER PBR
エルティーエス 3,635 66.47 421.57 54.69 8.62
アイネット 1,375 93.62 1,014.82 14.69 1.35
セラク 1,807 47.5 248.82 38.04 7.26
RPAホールディングス 607 0.36 224.19 1686.11 2.71

チャート推移

stock investment analytics53-02

安値「3,175円」

高値「4,585円」