10倍株になるかもしれない銘柄を探す【フォーカスシステムズ編】

stock investment analytics15 テンバガー探し

フォーカスシステムズ(4662)は10倍株銘柄に成長する可能性があるのか?

株価が大きく上昇していくには「割安 x 成長 x モメンタム」が必要になります

そこでこの記事では、フォーカスシステムズは継続的に成長していくのかを分析していきます

市場は東証1部

事業内容

  • 公共関連事業
  • 民間関連事業
  • セキュリティ機器関連事業

ビジネスモデル

システムインテグレーション

主なサービス
  • 官公庁・関係機関・地方自治体及び関連機関等の公共機関並びに銀行・保険等の金融機関向けのソフトウェアの開発
  • ハードウェア・ネットワークを含む情報システム全体の構築
  • 社会価値を高めるためのICTに係るコンサルティング

ITサービス

主なサービス
  • 民間分野向けのソフトウェアの開発
  • ハードウェア・ネットワークを含む情報システム全体の構築・保守運用
  • 企業価値を高めるためのICTに係るコンサルティング

セキュリティ機器関連

主なサービス
  • 防衛省関連システムの共通運用基盤整備
  • その他官公庁・民間企業の情報セキュリティに係るソフトウェア等の製品販売や保守サービス
  • サイバー攻撃対策に有効なデジタルフォレンジック等の製品販売や調査サービスやトレーニング

有価証券報告書

概況

年度 売上高(百万円) 前年比(%) 1株当たり当期純利益
2016 16,483 53.36
2017 17,847 8.28 39.83
2018 19,327 8.29 51.21
2019 21,454 11.01 58.11
2020 22,704 5.83 61.83

銘柄選定

時価総額

時価総額 = 株価 x 発行済み株式総数

2021年3月18日の終値が「1,013円」

また発行済株式総数は上場時に「16,292,942」

そうすると

「1,013 x 16,292,942 = 16,504,750,246」

時価総額は「約165億

売上高成長率(年平均成長率)

売上高成長率 = (当期売上高-前期売上高)/ 前期売上高 x 100

減益は許容するが減収は許容しない

CAGR(年平均成長率)10%以上、もしくは20%以上でスクリーニング

(2020年の売上高)/(2016年の売上高)で出された数値に√を2度

「22,704 / 16,483 = 1.38」

「1.38」に√を2度あてて出た数値に「-1」をして%を出すと

年平均成長率は「8.39%

株価売上高倍率(PSR)

PSR(株価売上高倍率) = 時価総額 / 売上高

時価総額「165億」に対して売上高「227億」

つまり

株価売上高倍率は「0.73倍

PEGレシオ

PEGレシオ = PER / EPS成長率
PER = 株価 / 1株当たり当期純利益

ということでPERは「1,013 / 61.83 = 16.38」

EPS成長率の計算式は以下の通り

EPS成長率

この計算式に当てはめるとEPS成長率は「0.04」つまり「4%」

。。。

つまり

PEFレシオは「4.10

まとめ

現在のフォーカスシステムズのステータスは以下の通り

項目
時価総額 165億
年平均成長率 8.39%
株価売上高倍率 0.73倍
PEGレシオ 4.10

そして以下がスクリーニングの例

項目 例1 例2 例3
時価総額 100億円以下 300億円以下 500億円以下
年平均成長率 30%以上 20%以上 10%以上
株価売上高倍率 1倍以下 2倍以下 3倍以下
PEGレシオ 1倍以下 1.5倍以下 2倍以下